院長コラム「のたうち回る群発頭痛」を掲載しました

院長コラムに「のたうち回る群発頭痛」(8月1日)を追加掲載いたしました。

院長コラムはこちら

今月の草花 第4弾

花名 瑠璃瓢箪(るりびょうたん)

瑠璃色のひょうたんのような実をつける落葉低木です。実が瓢箪状に見えるのは、一つの花に「こふさ」が2つあるため、2つの実が並ぶことから名付けられました。実色は瑠璃色から黒へと変化します。
【アクアピアビル花壇にて】

今月の草花 第3弾

花名 銀露梅(ぎんろばい)

梅雨時期で連日の雨に見舞われていますが、雨上がりの時の一枚です。昨夜の雨露が可憐な白い花びらに残り、久しぶりに顔を見せた陽の光に照らされていました。銀露梅は、本州、四国、中国の高山のレキ地に生える落葉小低木です。夏に白い梅に似た花を咲かせます。上部の葉の脇に1輪から3輪の白い5弁花をつけています。あと二つの蕾をつけていますから、楽しみです。
花言葉は「明るく輝いて」ですが、その名のように銀露を乗せて輝いていました。
【アクアピアビル花壇にて】

今月の草花 第2弾

花名 絞り咲アポイ桔梗

初夏に咲く桔梗で、白地に紫の染め分けが入る鮮やかな花です。北海道アポイ岳が原産で、背丈の低いのが特徴です。花期は夏!!すべての株に絞りがはいるわけではないらしく、咲くまでワクワク、ドキドキです。
【クリニック前庭にて】

今月の草花

花名 石立蛍袋

昔、この花に子どもがホタルを捕まえては入れて遊んだとか、提灯に似ているとか花の由来は様々です。日本人に昔から親しまれてきた花だからでしょう。石立蛍袋は、草丈が10センチ程にしかなりません。徳島県石立山が原産です。
【クリニック前庭にて】

院長コラム「新型コロナウイルスのスクリーニング」を掲載しました

院長コラムに「新型コロナウイルスのスクリーニング」(7月1日)を追加掲載いたしました。

院長コラムはこちら

長期処方を行っています
(新型コロナウィルス感染予防対策)

病状が落ち着いて、主に薬の処方のみで来院されている患者さんに来院回数を減らす目的で長期処方を行っています。
※保険診療の決まりから、全ての薬が対象とはなりません。また、初診や検査結果の診察をご希望で来院を控えたい患者さんはオンライン診療をご利用下さい。

コロナウイルス感染症等予防のための取り組み

いしだクリニックでは、現在、新型コロナウイルス感染症等の予防のために次のような試みをしております。

①感染症対策として

・新型コロナウイルス感染症等の予防対策として、院内に長時間滞在や、密を防ぐために患者様には「予約診療」をお勧めしています。

・診療内容やお薬の内容により対応できないものもありますが、処方薬の長期投与の対応をしております。

②通院負担の軽減として

・働く世代や子育て世代の方々に、今まで以上に寄り添えるよう「オンライン」による診療とお薬の処方をしております。

③訪問診療

・待合室での「密」をさけるため、ご高齢で通院が困難な患者様には「訪問診療」をお勧めしています。

クリニックリニューアルオープン

いしだクリニックは、患者様がよりご利用しやすいよう、令和2年6月1日(月)にリニューアルいたしました

リラックスして診療を受けられる診察室の改装、お待たせ時間を短縮するためのオンライン予約や電子カルテの増設、 患者様のプライバシーに配慮する仕組みなど機能性に重点を置きました。今後とも患者様の立場に立ったクリニック作りに 努めてまいりますので宜しくお願いいたします。

ホームページをリニューアルいたしました

令和2年6月1日のクリニックリニューアルに先駆けて、ホームページをリニューアルいたしました。
今後とも、いしだクリニックホームページをよろしくお願い致します。

Scroll Up