抗インフルエンザ薬の予防投与に関するご案内

予防投与についてのご案内

インフルエンザ感染予防を目的とした抗インフルエンザ薬の予防投与(自費)に関するご案内です。インフルエンザウイルス感染に対する予防内服に関しては、診察した医師の判断となりますので、ご希望の場合には、診療担当医師とよく相談いただきますようお願い申し上げます。

使用薬剤

予防投与としての抗インフルエンザ薬は、タミフル・イナビル・ゾフルーザを推奨しております。

予防投与の費用(自費)

予防投与は保険適応外となりますため自費となります。インフルエンザウイルス感染に対する予防投与における診察料金は4,400円です。(オンライン・電話診療の場合は5,500円)
 ※薬剤に関しては、別途調剤薬局で費用がかかります。
 ※薬局によって異なりますが、薬局にて約5,000~6,000円ほどの費用が掛かります。
診察料金と薬料金を合わせて、1万円前後のご用意が必要になります。

【費用内訳】

・診察料金
 来院して診察の場合 4,400円
 オンライン・電話診療での診察の場合 5,500円
・薬料金(調剤薬局) 約5,000~6,000円

注意事項

【予防投与の対象者】

  1. 当院に定期的に受診している患者様に限定させていただきます。(3ヶ月以内)
  2. 薬剤の添付文書上における予防投与は、「インフルエンザウイルス感染症を発症している患者の同居家族又は共同生活者である下記の者を対象」となっております。
    • ・高齢者(65歳以上)
    • ・慢性呼吸器疾患又は慢性心疾患患者
    • ・代謝性疾患患者(糖尿病等)
    • ・腎機能障害患者

薬剤の安全性はある程度確認されておりますが、添付文書上にないご対象者への予防投与については、大きな副作用が出た場合、厚生労働省の「医薬品副作用被害救済制度」の対象外になる可能性があります。

以上の内容を了承の上、予防投与を行っていただきますよう、お願いいたします。
ご不明点等ございましたら、お問い合わせ下さい。
●いしだクリニック:044-955-0250

Scroll Up